2017年8月25日 (金)

大曲の花火大会の桟敷席、水没しとる。。

大曲の花火大会の桟敷席、水没しとる。。。雄物川氾濫確か、明日か明後日じゃなかったか?こりゃ中止か。。。

2017年8月24日 (木)

SF大会の準備完了

 SF創作講座の講評を朝一でプリントアウト。
 あとは、当日会場に出かけるだけです。
 ただ、家の事情で大会の二日目しか参加できないのは残念至極。
 

2017年8月22日 (火)

129試合終了9回天3点返す9回広3点

129試合終了9回天3点返す9回広3点追加7回天安原2点H7回広中村3点2塁打新記録16打点5回広中村H!PL清原抜く3回天神野3塁打同点1回広中村2ランH広陵天理

2017年8月21日 (月)

あれから5年山本美香さんを追悼して戦場でメシを食うとは。

あれから5年
山本美香さんを追悼して戦場でメシを食うとは。

五年前の2012年8月20日に
アレッポの戦場で亡くなった
山本美香さんを追悼して書いた4年前の日記。

ちょっと、長いけど、こういった悲劇を忘れてはいけない。
2017年8月21日月曜日晴れ

追悼山本美香のパートナー佐藤和孝の
戦場でメシを食う新潮新書を読む。
2013-08-0414:23:00テーマ生活空間

追悼山本美香のパートナー、佐藤和孝の戦場でメシを食うを読む。
2013年8月4日日曜日晴れ
佐藤和孝戦場でメシを食う新潮新書200610

八月に入った最初の日曜日。
今朝は曇り空だったけど、やはり日中は快晴。
二日の朝は、朝焼けと共に三日月が、あけの明星のように輝いていた。

さて、昨年の八月二十日にシリアのアレッポで、市街戦の銃撃で亡くなった戦争ジャナーリスト山本美香のパートナー、佐藤和孝の戦場でメシを食う新潮新書を読む。それに合わせて山本美香の著作山本美香という生き方日本テレビとザミッション戦場からの問い早稲田大学出版部も読む。

この戦場でメシを食うは、1980年、佐藤和孝が
紛争地のアフガニスタンへ、二十四歳ではじめて取材に入った
ところからはじまる。そして、北部同盟という当時のタリバンと対峙するゲリラ部隊に同行取材する。そして、山岳地帯を歩いて移動する中、肝炎を発症し、黄疸状態に陥るのであった。それでも、体力が消耗し、歩けなくならないようにメシを食らうのである。同行した部隊の若者たちは、戦争の大義よりも、メシが食えるから戦士になるといったのもいる。佐藤和孝は紛争地の様子を伝えるために、スチールカメラマンとして単身、この部隊に参加したのである。

ついに歩けなくなり、結局は一旦、ある寒村のモスクに置き去りにされた後、手厚く看護されて日本に帰国する。そして、二月の入院生活となる。一歩まちがった行動や措置が施されていたならば、彼は生きて日本に戻ることはなかったのである。そんな話から、この紛争地のドキュメントは、はじまる。


全六章からなる第一章は、アフガニスタンから、はじまる。
第二章は、ボスニアヘルツェゴビナへ、1993年3月に首都のサラエボへ入る。サラエボは1984年に冬季オリンピックが開催された街である。しかし、二つの民族のクロアチア人、セビリア人、どちらにも属さないムスリム人とのあいだで三つ巴の内戦が勃発し、世紀末をもイメージする廃墟と化したサラエボの街のなかでのドキュメントである。

第三章は、無政府状態に陥ったアルバニアを取材する。無政府状態に陥った原因が、民主化と共に入り込んだ経済のねずみ講により、アルバニアは無政府状態に陥ったのであった。社会主義体制の国が、自由主義体制である資本主義を取り入れようとしはじめた途端、経済のねずみ講が入り込み、国を破綻させてしまったのである。なんとも恐ろしい話である。また、アドリア海を挟んで対岸にイタリアがある。しかし、ほとんど国民はピザすら食べたことがなかったという。鎖国状態の中、国が解放されてから入って来た食べ物にバナナがあるそうである。

第四章は、ロシア連邦に属するチェチェン共和国の首都グロズヌイでの取材。チェチェンは、カスピ海産の原油パイプラインが施設されているエネルギー中継の要所である。

007でも舞台になったことのあるパイプラインだ。

ここチェチェンも、ソビエト連邦が崩壊の折、チェチェン民族が独立しようと試みる。しかし、ここはカスピ海の東側に位置する。南にはグルジアをはじめアゼルバイジャン、アルメニアがあるので、独立をロシアが許さなかった地域である。

さて、チェチェンで食べたシシカバブが美味かったと。イスラム圏の中央アジアでは、羊の肉は定番である。しかし、ここで食ったシシカバブが一味違った。肉の旨みに塩が利いて、大変美味だったそうだ。羊の肉そのものが美味いからだ。
第五章はインドネシアのスマトラ島にあるアチェでの話し。2004年に大津波に飲み込まれた街だ。しかし、ここは現在、東南アジアの地雷原である。大津波が発生する三年前の2001年に訪れた折のアチェ独立運動の取材である。自由アチェ運動が活動を始めたのは、1976年である。この時、インドネシアからアチェスマトラ国として独立を宣言した。インドネシアから独立を掲げ、ゲリラ戦を展開する自由アチェ運動(ガム)の歴史を紹介したドキュメントである。インドネシア政府が外国人記者の入域を制限しているため、あまり海外に知られていないが、第二のユーゴスラビアになりかねない地域である。

取材は、ジャングルの中をバイクの後ろに乗せてもらい長時間移動し、噂の女性ゲリラ部隊に遭遇し、これを紹介している。部隊名は、チュニャディン。十九世紀、オランダの侵略に抵抗した女性の名前である。迷彩色の軍服に身を包んだ、三十名ほどの女性ゲリラの姿を写真入で紹介している。訓練も身についているようで、付け焼刃のゲリラではないようだ。この部隊に所属する女性兵士たちは、夫や肉親をインドネシア軍に殺されたものたちであった。

三十年以上、紛争が続いたアチェの独立運動は、2005年、インドネシア政府と自由アチェ運動の両者が、和平の覚書に署名。紛争は事実上、終結した。


最後の第六章は、イラク戦争である。

クウェートに侵攻したサダムフセインに対して、米国を中心とする多国籍軍が空爆を開始、湾岸戦争が勃発したのは、1991年1月のことだった。同年三月には停戦協定が締結されている。その十二年後の2003年、イラクは再び戦火に見舞われた。この三月にバクダッドに入り、多くのの報道陣が滞在するパレスチナホテルでの滞在記。アンマンから出発する前夜、バクダッドから脱出してきた日本人の記者に、危険だから、行かないほうがいいと、忠告されたこそうだ。

まぁ、そうかもしれないが、何かが起こりそうなのである。

行かないわけにはいかない。それを、この身をもって体験し、伝え、未知のことに対する恐怖よりも、それを知りたいと思う好奇心の方が勝ってしまう、どうしょうもない性格なのだと回顧している。
また、このジャーナリストという仕事に就いて以来、歴史が動くその瞬間に立ち会えると、ある種痺れがくるほど快感を感じる。それで危険な目にあったとしても、ジャーナリスト冥利につきるというものだ。とも述べている。

死んだらどうするともよく聞かれる。もちろん、死にたいなどと考えたことは一度もない。何があっても取材したものを持ちかえることが、わたしを送り出してくれた人たちへの責任であるから。だが、戦場ばかり取材していると、死を感じないことはない。死がいつも隣にいることを実感する。だから、生きてきたからには、死ぬ。それが、いつか、どこか、それだけのことである。であるなら、自分が信じた道で斃れることは本望だそうだ。

イラクでの取材中は、何を食べたか、ほとんど記憶にない。空腹を覚える精神状態でもなかった。バクダッドに来てから一週間以上、一日、三時間くらいしか睡眠が取れず、ホテルのレストランで食事を取る余裕すらなかった。そのため、いつでも短時間で出来上がるインスタント食品やレトルト食品は重宝された。
香田証生さんはなぜイラクに来たのか

二四年十月
アブムサブザルカーウィに拉致され殺された日本人の話。
小泉首相に見捨てられた日本人の若者、二十四歳の顛末は、自己責任という結論で閉めくくられている。


二六年八月に書かれたあとがきでは、
初めての戦場取材がアフガニスタン。二十四歳のときだった。取材といえば聞こえがいいが、なんの経験もない若造が、衝動に駆られカメラ持って行ったに過ぎない。略このアフガニスタンとの出会いがイスラムを知る入り口となり、他のイスラム圏を旅する契機となった。そして、気が付くと二十六年の歳月が過ぎていたと。

本書で紹介した十八話の内、十五話が日本テレビのニュース番組きょうの出来事での取材中に起こったことである。

作家であり、わたしの友人でもある高山文彦氏からもらった貴重な助言を最後に。執筆が遅として進まないわたしに、アドバイスしてくれたのだ。一日五時間、机の前に座っていれば何かが生まれる。その言葉に感謝し、このドキュメントは終わる。
そして、五年後の2012年8月20日、最愛のパートナー山本美香を、シリアのアレッポの市街地の通で、武装集団に銃撃を受け、亡くすのであった。

2017年8月19日 (土)

【コミティア121】新刊情報!!

8月20日開催のコミティア121にて、
最新刊【ウチの学年主任はまだ10歳?】を発行致します!
スペースは【R-15b PANIC CARNIVAL】です。
総ページ:36ページ
金額:400円
での販売となります。
現地に行けないけど、本が読みたいという方は、DL販売のみとなりますが、
↓より予約販売が開始されております
http://www.dlsite.com/home/announce/=/product_id/RJ206514.html
〜あらすじ〜
新藤が赴任した翌日。入学式が始まり生徒達が入ってきて、
新藤は初めて生徒達の前で教壇に立つ事になるのだが、
そこで生徒の中に冴華と同じ金剛の姓を持つ生徒がいた…。
〜サンプル〜

2017年8月18日 (金)

化導。

使い魔は主には持ってないものを持っているから、幼い内は一時期憧れてしまうんです。ですが、能力をトレースする事が使い魔の利用方法だという事を忘れてはなりません。此からは主に漫画を読んで覚えると良いでしょう。

2017年8月17日 (木)

the autumn is near.

私の中でもう秋は始まっているかもしれない。

発見 カフェ


中央区の街なかに出る用事があり、ちょうど待ち時間もできたので、周辺を歩く・・・・
いつも同じ店に行くので、今日はちょっと違う方向に行ってみよう と思った。
通りの角にあったお店・・・ お昼どきでカフェだけど、カレーが少し黒板に書きだされていた。
カレーはちょっと重いなあ・・・・ うーん と思っていたら、ふと 道路を挟んで向かいに
素敵なおしゃれなお店を発見!!
わあ〜  ワクワク 
ここでランチとアイスコーヒーを頂いた。
おしゃべりしてた女性2人いたけど、ほどよい喧騒というか気にならない。
窓側の席で行きかう車や向かいのビルを眺めて、落ち着く〜  
アイスコーヒーは陶器のコップに出てきた。
ひんやり冷えてて美味しい。

営業って必要なのかどうか

営業職もAIが発達していったら、やらなくて済む職種になるのでしょうかね。
最近よく思います。
私はずっと営業職でいたいかというとそうではありません。
仕事が停滞しているので、色考えているところで悩みでもあります。

今後どうステップアップするかも併せて考えているところなのですが
これから新規事業の企画に参加するので、営業面も資金面もその会社自体の動きをコントロールしたり改善案を出したり収益アップの戦略を立てるコンサル系にまわれたなら良しかなと思うところもあります。
ただし、新たな職種にジョブチェンジとなるとまた実績が必要で、更に実力が伴うまで時間がかかるとなるとジョブチェンジって気楽にやっていいのかとか。
考えたらループにはまってしまい、考えものです。

フリーランスが今はキツイ、それだけです今は。
そこを乗り越えられる自信はすっかりなくなりました。

営業妨害だ連絡をしてくるな
そういったメールが月1あるかないかですが、たまに来ることがあります。

人のために動くことは好きなのですが、何かを言われることが本当に嫌です。
怒りを感じる前に無視してほしいと思うのは私の勝手な言い分なのでしょうね、きっと。

私もそういった連絡が不定期に企業から来ますが、要らないなら無視で終了でそれ以上のことはしないので、余計なお世話なのでしょうけどわざわざ連絡をして文句を返答する方はよほど短気なのかと勘繰ってしまいます。
そういうちょっとした文句を受け取った後は、仕事だと割り切っていてもダメージを受けてしまうので引きずらない努力をしています。

でも根本的なところなんですよね。
自分のダメージとか相手方の不快感を起こさない営業のかけ方って探せばあるのでしょうかね。
新規提案を受け付けている企業だけに連絡がとれる仕組みがあればいいのに。
営業しなくても在宅で取引先を増やせる方法がほしいです。

先日まで時間問わずほぼ毎日非通知で電話がきていましたが、恐らく営業をかけた先の企業からだったのかと。
ちょっとした嫌がらせだったのだと思います。
数週間続きました。
なので電話番号を載せたくないなと思うんですよね。
営業する対象は取引をしたことがない新規企業相手のため、どうしても100迷惑かからない方法というのがありません。
興味がなければ無視をしてくれるので、それはそれで良いわけです。

ホームページ上に新規企業からの提案は受け付けていません、と書いてあればもちろん省きますが9割そういう記載をしていないので、営業をかけています。

時には会社で動いている人間ではないフリーランスなのに、何故迷惑しているということが分からないとかというような連絡だけ来ることもあります。
フリーランスなら分かりますよね、こういうこと迷惑ですからと。

一個人としては、営業迷惑というのは理解できますが営業を仕事としていると一括りにできないので、ごめんなさいと言う他ありません。
ただ悪いことをしているわけではないので、連絡してくるなと言われるのは嫌ですが自信を持って営業はしています。
でも、営業職としてみても営業をしなくて済む社会になっていったらいいと思いますけどね。

私のポートフォリオページフリーランスで営業やってます

私のお仕事の話
女性視点で細やかな対応ができる営業を目指しています
ビジネスモデル作り

猫の話
猫の腎不全についてまとめ
長文赤ちゃん野良猫を保護団体へ引き取ってもらいに行ってきた

ココナラで広告PRや宣伝物の代行しています
広告枠リニュ私のアメブロで永久的に宣伝代行します1日200〜400のPV数、アラサー女性読者が多いですさんココナラcoconala
イギリス政府と提携しているビットコイン投資

私が読者登録しているビセンテさんの記事PPC広告の大きな可能性はこちら

群馬県高崎市箕郷町整体ゆあさ痛みのないソフトな刺激の整体

防草対策に!防草シートの専門店らくやのう

ボルダリング初心者から上級者まで気軽に情報共有が出来るサイトとなっております!
掲示板の利用や随時更新のクライミング動画配信や役立つ情報をお届けする記事の配信を行なっております。
ボルダリングちゃんねる
テレビドラマに使用されているインテリアも取り揃えていますし、快適でおしゃれな家具用品も沢山あります。
YAHOO!JAPANショッピング

株式会社しごとウェブタクシー求人サイトタクQ入社祝い金付き転職情報転職お役立ちガイド女性も高収入が得られるって本当?タクシードライバーの仕事
teiiteii02job女性のタクシードライバーについての記事依頼を請けました()株式会社しごとウェブ様女性のタクシードライバーがおすすめの理由
世界中を自由に旅しながらビジネスを展開している僕の尊敬する友人が新たにビジネスをスタートアップさせました。
一緒にビジネスを展開するパートナーを募集しています。
PCかスマホ1台で、場所と時間を選ばず取り組めます。
ストック型の収入になり、あなたの行った仕事が、長期的な安定収入として積み立てられます。
人と会ったり、話をすることなく完全匿名的に取り組むことができます。
報酬は週払いで入金され、隙間時間でも本気で取り組めば、月30万円も十分可能で、更に収入を増やし続けることができます。
ネットビジネス経験者の方でしたら、より早く収入を得ることができますが、ネット初心者の方にでもできるように、学習マニュアル動画とメールでしっかりサポートしていきます。
システム使用料サポート料いずれも無料です。

似顔絵師神田拓様
似顔絵描きます!
関西在住の似顔絵師です。住宅展示場、各種店舗様などで似顔絵イベント開催、イベント歓迎です!一日あたり38880円にて承ります。リピーター率9割りを超える似顔絵師。
女性のための美容商品レビューサイトレビューガール
ブログで効率の良いお小遣い稼ぎはアドセールが簡単で良いですよ!

ホワイトデーのプレゼントにぴったりのおすすめのワイン
ブラック企業勤務から月収1000万円を達成するまでのストーリーを後悔中!モロミメルマガ
副業をなにかお探しの場合、一番のおすすめはせどりです。
メールアドレスを登録するとせどりの教科書がもらえます。
ぜひ拝見してみてください。
美人の素屋BYEBRAバイブラ
バイブラは全く新発想の上からバストをリフトアップできるシールブラです。
韓国東大門市場から仕入が出来るサイト
買付けに行かずに簡単に仕入が出来ます今なら登録無料!
teiiteii02job更新しました芸能活動を再開した住友聖命すみともせいめいさんの話1/2
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年8月16日 (水)

池田 信夫氏 FB BLOG Info ☆8月革命という欺瞞の終焉

池田 信夫氏
FB
BLOG Info
☆8月革命という欺瞞の終焉[投稿日:2017・08・15]
☆ユニバ-スからマルチバ-スへ[2017・08・14]
☆日銀の財政ファイナンスはフリ-ランチか][投稿日:2017・08・14]
☆日本には資本主義が必要だ[2017・08・12]
table width=100%th bgcolor=#FFFF33
a href=/A
━━━━━━━━━━━━
2017・8・16
★BLOG info
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/52000887.html(☆8月革命という欺瞞の終焉[投稿日:2017・08・15])a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/52000857.html(☆ユニバ-スからマルチバ-スへ[2017・08・14])a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/52000844.html(☆日銀の財政ファイナンスはフリ-ランチか][投稿日:2017・08・14])a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/52000790.html(☆日本には資本主義が必要だ[2017・08・12])a
━━━━━━━━━━━━
2017・8・12
★BLOG info
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/52000743.html(☆何故リフレは失敗したのにアベノミクスは成功したのか][投稿日:2017・08・11])a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/52000729.html(☆電気自動車はエコかエコノミ-か][投稿日:2017・08・11])a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51301464.html(☆花岡信昭氏の[絶滅危惧][投稿日:2009・09・25])a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51301448.html(☆第四権力の政権交代][投稿日:2009・09・18])a
━━━━━━━━━━━━
2017・8・11
★BLOG info
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51301414.html(☆日本は小国になれるか][投稿日:2009・08・22])a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51301415.html(☆長期的関係の呪い][投稿日:2009・08・23])a
━━━━━━━━━━━━
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/池田信夫氏 BLOG 最新記事a
a href=http://04.xmbs.jp/matumoto12-296024-ch.php?guid=on街角リンクホ‐ムペ‐ジ・池田信夫氏BLOG Info(33)/a
/thfont size=5 color=#FF0033marquee

日米同盟から「日米連邦」へ
/marquee/font/table
font color=#FF0033
#街角リンク #池田信夫 氏BLOG 情報 ☆☆8月革命という欺瞞の終焉☆ユニバ-スからマルチバ-スへ☆日銀の財政ファイナンスはフリ-ランチか]etc http://t.co/Ht0x74N4 https://t.co/cFRyDKRu9i
━━━━━━━━━━━━
/font
font color=#FF0033
池田 信夫氏 BLOG ア-カイブ
━━━━━━━━━━━━
a href=http://29.xmbs.jp/matumoto19-308417-ch.php?guid=on池田 信夫氏 BLOG ア-カイブ/a
━━━━━━━━━━━━
/font
table width=100%th bgcolor=#deb887
A HREF=/A
━━━━━━━━━━━━
A HREF=http://magazine.livedoor.com/magazine/4?guid=ON池田 信夫氏 BLOG magazine/A
A HREF=http://magazine.livedoor.com/magazine/4池田 信夫氏 BLOG magazine/A
/thfont size=5 color=#FF0033marquee
池田 信夫 BLOG magazine
/marquee/font/table
table width=100%th bgcolor=#9F9F9F
font color=#FF0033
a href=http://04.xmbs.jp/matumoto12-296820-ch.php?guid=on用語集 info/a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51968168.html☆学校という会社 /a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51914665.html私はなぜ保守主義者ではないのか /A
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51909629.html日本的ファシズムを生んだ「和」の精神 /A
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51906355.html日本軍はなぜ半分も餓死したのか /A
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51900096.html「国会待機」を廃止せよ /A
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51881261.html正社員という「百姓」/a
a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51880599.html中心のない世界 /a

a href=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/archives/51880576.html「戦後レジーム」の失楽園/a
A HREF=http://m.twilog.org/matumoto11#obj/643/094727.swf#/A
A HREF=http://m.twilog.org/matumoto11街角リンク(@matumoto11)twilog/A
a href=http://04.xmbs.jp/matumoto12-296024-ch.php?guid=on街角リンクホ‐ムペ‐ジ・池田信夫氏BLOG Info(33)/a
A HREF=http://m.facebook.com/photo.php?fbid=120972171394357池田信夫氏BLOG Info 街角リンクfacebook版(33)/A
A HREF=http://m.facebook.com/manabu.matumoto.73?refid=13Welcome 『Matikado Link FACEBOOK Time Line』/A
a href=http://88.xmbs.jp/matumoto13/★街角リンクweb総合版★/a
a href=http://t.co/G5txtJsD街角リンク BLOG(amelog)/a
a href=https://t.co/6VglDtSSSGnew[街角リンク bloglivedoor](アクセス不能により更新停止)/A
a href=http://t.co/WuG8HrT街角リンク BLOG(livedoor)[2016・2・9迄](アクセス不能により更新停止)/a
A HREF=http://SNS.jp/show_friend.pl?invite=oAhHYgPUhM4KYCxtCzAViQK.vtNQ8Rde街角リンク SNS版/A
font color=#FF0000
【amebaなう】【SNS呟き】【FB timeline】【twitter】投稿 に拘る[街角リンク]
━━━━━━━━━━━━
街角リンクは【amebaなう】【SNS呟き】に非常に期待しております。
※それぞれのtweet文を[なう]に打ち込みますと、各URLに即飛びします
A HREF=http://now.ameba.jp/matumoto11/街角リンク【amebaなう】[PC:携帯兼用]/A
A HREF=http://m.now.ameba.jp/?guid=ON街角リンク【amebaなう】(※携帯用)/A
A HREF=http://m.SNS.jp/list_voice.pl?guid=ON街角リンク【SNS呟き】(※携帯用)/A
A HREF=http://m.facebook.com/manabu.matumoto.73?refid=13Welcome 『Matikado Link FACEBOOK Time Line』[PC:携帯兼用]/A
A HREF=http://m.twilog.org/matumoto11街角リンク(@matumoto11)twilog[PC:携帯兼用]/A
━━━━━━━━━━━━
Λ Λ
(・ω・)
/font
A HREF=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/#obj/63/b4d4bc.swf#/A
A HREF=http://blog.livedoor.jp/ikeda_nobuo/池田信夫氏 BLOG最新記事/A
A HREF=http://www.google.co.jp/m/search?guid=on検索 by google/A
★A HREF=http://www.google.co.jp/search?guid=on検索 by google/A
/thfont size=5 color=#FF0033marquee
池田信夫氏
BLOG Info

/marquee/font/table

«備忘録。