« 息子を3人東大に入れた佐藤ママみたいな | トップページ | 毎回思うけど公式のコナンはっちゃけてる »

2018年4月20日 (金)

孤独死


知り合いに何人かは孤独死している。
ある人は数日経ってから知人に発見され、またある人は数ヶ月が経過して近所から異臭がするとの通報により発見された。
普通一般的には孤独死は不幸とされている。
誰かに看取られる事なく寂しく死んでいったと認識されている。
俺もそう思った。
昔はそう思った。
しかし今は違う。
それは俺がこの先、ほぼ確実に孤独死するであろうと悟った事もあるが、誰か周りに居たにせよ死ぬときは死ぬと思うならである。
発見されるタイミングで命を繋ぐ事は出来るかも知れない。
しかし、それは生への執着が強い人間の望みならそうだろうが、生きる事への執着が無い人間には当てはまらない。
俺は死への憧れなど別に無い。
しかし、生への執着も無い。
死んだら死んだの事と考えている。
誰かが側に居ても死ぬときは死ぬのだし、死んで直ぐに発見され誰かに惜しまれようとも、最早生き返る事など出来ない。
人は必ず死ぬのが当たり前。
遺体の始末には困るだろが、死んだ本人がいくらか申し訳ないと恐縮したとしても、始末をする人には伝わらない。
死んだら死んだで、あとはチャラ。
だから自分勝手な思い込みで俺を不幸だと決めつけないで欲しい。
どう思うかは自由なのだが、孤独死を覚悟している俺には的外れ。
案外、幸せなのかも知れないよ。
煩わしい事から解放されるんだもん。
誰かから毎日電話がる訳でもなく、メールの返信が遅れたとて死んでると思われたりしないのだから。
孤独死。
大いに結構大歓迎。

« 息子を3人東大に入れた佐藤ママみたいな | トップページ | 毎回思うけど公式のコナンはっちゃけてる »